Diary

BACK TO TOP



■9月27日

 ARIAのアニメが終わってしまいましたねー。
 あぁー、寂しいです。これで、観るアニメが1本もなくなってしまった……。

 25話の感想が書けずじまいでしたが、レドントーレのお話はよかったです。
 アイちゃんが無事に出てきてくれたし。
 彼女のお尻ダンスに吹き出しそうになったし(笑)
 かなりツッコミどころ満載の回だったので、長めに感想を書きたかったのですが、忙しいのでやめておきます。

 んで、26話ですが、まさか『スノーホワイト』を持ってくるとは思いませんでした。
 かなり地味なお話だし、そもそもアニメにしたら尺が足らないんでない? と思っていたんですが、オリジナルの要素も交えつつ、かなりいい仕上がりになっていましたね。

 特に、本編が終わった後、オールキャラが出演→AQUAの名所がRAINBOWの曲に乗せて映し出されるところは、1期からのエピソードを自然に振り返ることができて感動的でした。

 そして、その後のアテナさんやアリシアさんの意味深なセリフも、演出としてとても上手い。

 アテナさんの『春になったら、ピクニックに行きましょうよ』というセリフは、アリスちゃんのシングル昇格を示唆していて、『子供の頃は妖精になりたいと思っていた』と語るもみ子に、アリシアさんが『なれるんじゃない? 灯里ちゃんなら』と言っていたのは、プリマ昇格を示唆のことでしょう。
 この原作から一工夫くわえたラストに、大満足でした。

 私が原作で唯一不満なのは、キャラの成長がほとんど描かれていない部分なのですが(もみ子はいつまでもシングルのままだし、アリスちゃんは一向に学校を卒業しないし)、アニメは最後の最後に、一歩一歩成長してゆくキャラクター達の姿を演出してくれましたね。

 もっとも、続編が作られたらその辺は無視されそうですが。

 正直、第1期よりも完成度の高い最終回だったので、作品に対する良いイメージを保ったまま見終えることができて感無量です。
 アニメスタッフの方々、おつかれさまでしたー。

 あ、でも、『ヴォガ・ロンガ』がなかったのだけ不満。
 いつか作ってください〜。

■9月24日

 ・青山博一、2006 MotoGP世界選手権 日本グランプリ 250ccクラス優勝!!
 (↑リンク切れ)
 去年に続いて2連覇。
 高橋裕紀が途中で転倒してしまったのは残念でしたが、アレックス・デ・アンジェリスの猛追を振り切って優勝した青山のライディングは素晴らしいのヒトコト。
 表彰式で泣いていた姿は印象的でした。
 残り2戦も頑張って欲しい。
 
 他のクラスでは、125ccで小山が大バトルを制して7位。
 MotoGPクラスでは、カピロッシが終始レースをリードして優勝。
 ランキング2位のロッシが2位でチェッカー、ポイントリーダーのニッキーが5位と、タイトル争いも混沌としてきました。
 中野は5位走行中の最終ラップに、ジベルノーと接触して転倒。リタイアという残念な結果でした。


 国旗・国歌で起立・斉唱強制、都教委通達は違憲…地裁

 ------------------
 東京都教育委員会が、入学式や卒業式で教職員が国旗に向かって起立し国歌斉唱するよう通達したのに対し、都立学校の教職員ら401人が都と都教委を相手取り、通達に従う義務がないことの確認や損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。

 難波孝一裁判長は、「通達や都教委の指導は、思想・良心の自由を保障した憲法に違反する」との違憲判断を示し、教職員に起立や国歌斉唱の義務はなく、処分もできないとする判決を言い渡した。また、慰謝料として1人当たり3万円の賠償を都に命じた。

 都側は控訴する方針。

 判決によると、都教委は2003年10月23日、都立学校の各校長に対し、入学式や卒業式などで国旗の掲揚と国歌の斉唱を適正に実施し、教職員が校長の職務命令に従わない場合は服務上の責任を問うとする通達を出した。

 この通達後、式典で起立などをしなかったことを理由に、延べ345人の教職員が懲戒処分を受けた。

 判決はまず、「日の丸」や「君が代」について、「明治時代から終戦まで、皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられ、国旗、国歌と規定された現在でも、国民の間で中立的な価値が認められたとは言えない」と判断。「教職員に一律に、国歌斉唱などの義務を課すことは、思想・良心の自由の制約になる」と述べた。
 ------------------

 教育現場は大変だなーと、思わず苦笑。
 しかし、この判決が通るなら『先生に従わないのは、思想・良心の自由です』も成り立つな。
 日本の公教育が、今後まともに遂行できるのか心配になってきた。


 骨髄ドナー、辞退相次ぐ 「適合」後に負担痛感

 -------------------
 財団によると、05年度に「適合通知」を受け、移植に前向きな姿勢を示したドナーでも半数が断念した。
 健康以外の理由が6割を占め、「家族の同意が得られない」「仕事などで都合がつかない」などが多く、不安になって登録を取りやめる人、連絡がつかない人も目立ち、移植をしたのは約900人だった。
 患者全体から見ると、移植を受けられたのは36%にとどまっている。

 財団は「善意で協力してくれるのだが、最近は軽い気持ちからドナー登録する人が増え、本当に提供する意思があるのか読み切れない。30万人を超えても安心できない」と困惑している。
 -------------------

 『何も知らないヤツの善意なんてただの無責任よ! 野良猫に餌をやる程度の覚悟しかないくせに!』とは、たしか『イリヤの空』のセリフですが、単に自尊心を満足させるだけの登録ならしないで欲しい。

 実際に骨髄液を提供するというのは、ドナー側にもかなりの負担がかかります。
 まず、何日も入院しなければならないし、術後は後遺症が(何週間か)出ることもある。
 それらのデメリットも踏まえた上で登録するべし。
 もちろん私もドナー登録していますが、もし依頼が来たら1も2もなくOKするつもり。

 『ことは一刻を争う。僕なんかの命を惜しんでいる暇はない。/勇午(講談社)』

 まぁ、実際にドナーが死ぬことはほとんどありませんけどね(過去に1度だけ死亡例あり)。

■9月23日

 ツインリンクもてぎへ、MotoGP日本ラウンドを観に行って来ましたー!
 うはうは、凄く面白かったです。

 今日は予選だけだったのですが、心配していた台風もそれて比較的いい天気の中、レース観戦ができました。
 まぁ、晴れたり曇ったり、暑くなったり寒くなったりで変な天気ではありましたが(^-^;

 予選は、日本人勢が比較的苦戦していたようですが、何せ地元でのレースですからねっ、明日に期待です。
 では、今日はこの辺で。
 あと数時間寝たら、またサーキットへ行って来ます。

■9月18日

 ・メンズウェアの胸元 ワンポイントおしゃれに復活
 各所で叩かれている朝日のこの記事。
 最後の一文がはっきり言って凄い……というか、こんな大技初めて見た(笑)
 大手新聞社がこんな記事書いて、記者を目指している若者に、淡い期待を持たせるのはどうかと思うぞ。

■9月14日

 

 なんか色々届いたー!
 天野こずえ嬢の画集と、みんなのうた『笑顔』のDVDです。

 『笑顔』のDVDは、2003年に新海さんがアニメーションを担当してNHKで放送されたもの。
 買おうと思ってすっかり忘れていたんですが、先日2chのまとめサイトで紹介されていた映像をたまたま見て、買い逃していたのを思い出し即注文しました。

 いやはや、これはとても良いアニメですね。
 ハムは可愛いし、歌はキレイだし。観たあとは心がホッと和む素敵な映像です。
 3年前に購入していた人からすれば、何を今更って感じでしょうけど(^-^;


 そして、天野こずえ嬢の画集第3弾!
 単行本ではモノクロでしか掲載されていなかったカラーイラストが、いくつか掲載されているので雑誌未読の人には超オススメです。
 もちろん、ARIA以外のイラストもあり。

 それに、普段は小さめに印刷されているイラストが、大判で印刷されているのは絵師としてとても勉強になりますね。

 それはそうと、私は画集の1弾と2弾を持っていないので、できれば再版して欲しいんですが……マッグガーデンは今のところ動く気配がないみたいで。残念。


 んで、ARIAといえばアニメ24話。
 前回は、原作で言うところの『プリマ・ドンナ』でしたね。
 ……って、また最新刊のエピソードをアニメ化しますかっ!

 これで、9巻収録作品でアニメ化されていないのは、『お月見』と『アクアマリン』だけ。
 驚異的なスピードで仕上げていますね、スタッフ……。
 もう脱帽です。

 それで、その24話ですが、ARIAにしては珍しく悪役の登場するお話です。
 一見華やかで穏やかに見えるアクアの世界にも、暗い影の部分があるんだよ、という一種の現実を突きつけられたお話なのですが、その暗さを愚直なまでの前向きさで吹っ飛ばしてくれるエピソードでした。

 正直、平和な物語が多いARIAの中では異色のエピソードなのですが、晃さんの豪快なカッコよさがひときわ光っていましたね。
 それと、最後の結びには必ずアイちゃんの独り語りがあるのに、今回はなぜかなかったのも意味深です。
 これは、次回以降への伏線かな。ちょっと楽しみです。

 アニメは、残すところ2話となりましたが、どんなエピソードをやるのか気になるところ。

■9月12日

 ちょっといい話。

 先日、行きつけのスーパーで食料品を物色していた時のこと。
 私の足元にヨチヨチとした足取りで、3歳くらいの男のコが近寄ってきたのですよ。
 何かと思っていたら、その男のコ、おもむろにクッキーの箱を差し出すと、
 『これ、きっとおいしいよ』
 と言って、私に手渡したのでした。

 彼の子供らしい思考や言い回しがあまりにも可愛くて、私はお礼を言って受け取ったのですが、よく見てみればそのクッキーは、私ですら何度も食べたことのある至って普通の製品。
 100円ショップとかでも売っているような、安手のクッキーでした。

 けれど、この子にとってみたら見知らぬお兄ちゃんにもオススメしたくなるほど、素敵なクッキーなんだろうなと思うと、なおさら微笑ましくなってしまいました。

 よくよく考えれば、私も子供の頃は駄菓子屋(私が子供の頃は普通にあった)で売っている数十円のお菓子にも心をときめかせたものです。
 年月を重ね、駄菓子屋のお菓子よりも美味しいものがこの世の中にはいっぱいあると知ってからは、好き好んで食べようとは思わなくなりましたが、この男のコのおかげで当時の……あのお菓子にときめいていた気持ちが少しだけ蘇った気がしました。

 帰路に着き、彼からもらった(お金を払ったのは私ですが)クッキーを食べつつ、いつものように紅茶を飲んでいると、普段ならなんてことのない味が、今日はやけに美味しく感じられました。

 駄菓子屋のお菓子が、ちょっとだけ懐かしくなった秋の日の一日です。

■9月9日

 口内炎……まだ口内に残っています。
 先日、ヤクザ医師……もとい薬剤師さんに薬を処方してもらって多少は良くなったのですが……。
 早く、まともにご飯が食べられるようになりたいです。(><)

 そういえば、我が家に出没する昆虫の話をしていませんでしたね。
 まぁ、出没するといえば黒いあんちきしょうしかいないわけですが、このアパートに住み始めてから3年くらい経った今まで、全然出没しなかったのですよ。
 それが、先週だけでも3匹出没&撃退。

 一体どうしちまったんだ、セニョリータ!

 ゴキブリすらも餓死すると言われている台所事情から、やや裕福になりつつあるのが原因なんだろうか。
 取り合えずバルサンで撃退する方法を考えているのですが、効くのかなぁ、これ……。

 そして、もう一つ私を悩ませているのが紙魚(しみ)です。
 紙魚をご存知でしょうか? 本の糊などを食べる昆虫なのですが、コイツがよりにもよってシスプリのキャラコレとかに住み着いてやがるんですよ。
 私の大事な妹たちが蹂躙されとるがな!

 しかも捕っても捕ってもきりがない。
 本当なら、本を虫干しするのが良いのでしょうが、キャラコレや他の萌え系本を軒先に並べたりしたら、私の頭に虫がわいたと勘違いされかねないので躊躇しています。

 ひとまずこちらは、本棚代わりに使っているカラーボックスに防虫剤を入れて対処していますが、効果のほどはいかに。

 虫のいない穏やかな生活を早く取り戻したいものです。
 いや、私は昆虫平気ですけど。

■9月6日

 秋篠宮妃紀子さま、第3子ご誕生おめでとうございます〜。\(゚▽゚)/

 しかも男のコということで、ひとまず皇室典範改正問題の件は、急ぐ必要がなくなりましたね。
 もっとも、これで万事解決というわけではないので、議論はこれからも慎重に続ける必要があるでしょうけど。
 なんにせよ、おめでたいです。

 しかし、皇室というのも大変ですねぇ。
 子供が欲しくても、皇位継承権のことがあるから簡単に作ることは出来ないし、男のコか女のコかでも騒ぎになるし。

 それはそうと、最近の報道を見ていて気になったんですが、ヨーロッパの皇室と日本の皇室を比較して、『日本の皇室は考え方が古すぎる。ヨーロッパ諸国は女王を認めているのだから日本も認めるべき』、『日本が女系天皇を認めないのは女性差別』といった内容が頻繁に流れてたこと。
 果ては、『雅子さまの適応障害は皇位継承権の問題が原因。皇室典範を改正しなければ治癒しない』といった報道までされていて、ゲンナリ。

 雅子さまのご病気について詳しいことはわからないけど、ヨーロッパ諸国と日本では歴史も違えば伝統も違い、考え方も違うのだから単純に比較することはできないでしょう。
 ましてや、これだけ長い間男系だけで皇室を維持してきたのは世界でも日本だけなので、そうそう簡単に変えていいものではないと思います。

 私は、皇室に対して特別の愛着があるわけじゃありませんが、長い間培ってきた伝統と文化だけは残しておいて欲しいと切に願います。

 ……って、話が横にそれたけど、とにかく今日はめでたいってことで。

■9月5日

 口内炎が出来てゴハンすら食べられなくなった私の明日やいかに!
 続きはWebで! >ここがWebです。

 ホントに、過去最大級の口内炎が出来て苦しんでおります。
 かれこれ3日。
 どれだけ痛いかというと、口を動かすだけで切られるような痛さ。
 おまけに熱まで出てきましたよ。

 うー、口内炎が出来やすい体質なのですが、これだけひどいのは初めてです。


 ま、それはさておき(早っ)

 どうぶつの森で、ようやく虫と魚をコンプしましたー!
 長かった長かった。
 最後に残ったのは、ハナカマキリとキングサーモンだったのですが、こいつらレアってほどでもないのに、全然出てきやしなくて捕まえるのにえらい苦労しました。
 んで、捕まえたらボコボコと出てくるようになったというワナ。

 けど、おかげで金の網と金の釣竿をゲットできたので良かったです。
 もう必要ないけどね(笑)

 森での生活もひと段落したので、また新しいゲームでも探してみようかしら。


 ○今日の特ア
 ・やっぱり日本嫌いは中・韓だけだった
 それでも国内メディアとしては、アジア中から嫌われているということにしたいんだろうなぁ。
 しかし、全てのメディアが右向け右になってしまったら、それこそ北朝鮮や中国のような国になってしまうので、ある程度の反対勢力は必要なのかも。
 現状は、ナショナリズムを掲げたメディアの方が稀少ですけど。

 ・8月15日。夕刻の靖国は普通の人たちが参拝していた。
 先日行ったら、神社の人から不審者を見るような目で見られましたよ(´Д`)
 もっとも、私は1日に2度も警官から職質を受けたことのあるようなヤツだから無理もないですが。
 あと、夏はスイカすね。今年は食べてないけど。

■9月4日

 うっかり書き忘れたけど、22話のARIA、藍華ちゃんの髪が元に戻ってるよ!
 >今更

 前回、虫の話をするーと言ったような気がしますが、それはしばらく置いておきまして、今回はARIA23話のことなどを。

 23話は、原作の第1話をやるのかな、と思っていたんですが、あのオッサンが出てきたこと以外はオリジナルでしたね。
 もっとも、アニメ第1期の第1話と内容がかぶってしまうので、オリジナルにしたのでしょうけど……って、それなら他のエピソードを持ってきてもよかったような。
 第2期に入ってからは、アニメオリジナルの内容がほとんどなかったので、新鮮な感じで見られたのは良かったですが。

 そのARIAもあと3話ですねー。
 終わってしまうのはもったいないような気がしますが、どんなフィナーレが待っているのか楽しみでもあります。


 話は変わって絵のお話。
 しばらく前から、タブレットをインテュオス3に変えました。
 やほーい!

 ペンの追従性も良くって感度も良好。
 それに、ショートカットをタブレットの本体に割り振れるのが、実に良いですねー。便利便利。
 以前使っていたものより格段にでっかくなっているので、腕を動かす領域が増えた分、最初のころは妙に腕が疲れましたが(笑)

 けど、凄く使いやすいので、お勧めの逸品です。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
Back
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●