Diary

BACK TO TOP

 


 ■3月22日

 1年ぶりに、茨城県水戸市の偕楽園へ行ってきました。
 毎年の事ですが、あの麗しい香りに包まれると、春が来たって感じがします。

 本園の梅は老木化が進んで枝振りが悪いのですが、今年は新しい樹も少しだけ植えられていて、今後が楽しみになりました。
 来年も行ける……かな?

 ++++++++++

 1週間前の話ですが(汗)、Europeのニュー・アルバム「War of Kings」を買いました。

 予想はしていましたが、前作同様、メタル(及びハードロック)路線からは完全に退いて、ブルース路線となっていました。
 「The Final Countdown」や「Out of This World」が好きな私としては、この展開は非常に残念ですね。
 その上、キラー・チューンと言えるようなキャッチーな曲も無く、正直ちょっと戸惑ってしまいました。
 強いて言えば、インストゥルメンタル曲の「VASASTAN」が良かったかな。

 欧州では絶好調なので、この路線から外れることはなさそうですが……まぁ、私にしてみたらEuropeは心の故郷なので、今後も応援し続けるつもりです。

 ++++++++++

 そういや、神姫のBD-BOXが発売されていましたね。
 例の復刻版フィギュアの詳細とやらが、どうなっているのか気になって調べてみたのですが、「今回新たに制作するフィギュア」と前置きした上で、
 「本製品は、株式会社コナミエンターテインメントとの契約により許諾された権利を使用して、株式会社TBSテレビが製作したものです」
 としか書かれていなかったらしく、詳細が全く詳細になってないっていう(笑)。
 届いてみるまで、どんな商品かわからないっていうのは、かなり問題だと思うのですが……。

 でも売れてくれれば、次の展開が期待できるんですよね。
 いや、私は買っていないんですが(汗)。

 ++++++++++

 ・「NEW GAME!」涼風青葉ちゃんは今日もお仕事がんばるぞい!
 なんか、大々的に宣伝されとる。
 単行本最新刊は、3月27日発売だぞい!

 ・政府、国産ステルス戦闘機「F3」開発へ
 >政府は航空自衛隊の戦闘機「F2」の後継機となるステルス戦闘機「F3」(仮称)を開発する方針を固めた。ステルス機用の強力なエンジン(推力15トン)の開発にめどがつき、国内技術だけで高性能戦闘機を製造できる見通しが立った。
 (中略)
 F3に搭載するステルス技術やエンジン噴射の角度をコンピューターで制御して直進時にも機体の向きを自由に変えられる「高運動性能」などの実験を、2016年度まで約1年半にわたって実施。集めたデータを基に、18年度までにF3の具体的な開発計画を決める。スケジュール通りに開発を終えれば28年以降に順次、部隊に配備する計画だ。

 ・次期戦闘機エンジン、民間機用に開発応用も 米国製上回る技術、燃費効率が強み
 >主要国はステルス性能などを備えた「第5世代戦闘機」の開発にしのぎを削っているが、HSEはその第5世代戦闘機専用だ。HSEを2つ搭載した双発戦闘機は、エンジンの排気に燃料を吹きかけ一時的に加速する「アフターバーナー」を使わずに、常時音速以上で飛行する「スーパークルーズ(超音速巡航飛行)」が可能になる。これは第5世代戦闘機に求められている要件の一つだ。

 マジで!?Σ(゚ロ゚ノ)ノ
 てゆーか、無理だろう。軍事費を湯水のように使っているアメリカの戦闘機……それもF22を上回るなんて、無謀すぎる……。どこから、そんなお金と技術が。

 それに、F35やユーロファイターのように、最近では国同士での共同開発が主流になりつつあるわけで、にも拘らず単独開発なんて航空技術で大幅な遅れをとっている日本に可能なんだろうか。
 本当に作れたら凄いですが、結局予算の無駄遣いでしたなんてことにならなきゃいいけど。

 ・蒼樹うめ展、公式サイト開設
 10月という事でまだ先ですが、予定空けておきます。

 


 ■3月8日

 会社で頼んだお弁当の「エビカツ・コロッケ」の中身が、タコだった時の衝撃。>挨拶

 私生活がドタバタしまくりで、報告が遅れましたが、英検2級に合格していました。ヤッタネー。
 ひとまず、これで一安心です。

 しかし、33点中26点とはこれいかに……。
 あれだけ間違いまくっても、伝えようとすれば点数はもらえるってことなんでしょうね。

 検定は、これで終わりにするつもりですが、今後も勉強は続けて行こうと思います。

 ++++++++++

 スウェーデン出身の北欧メタル・バンド、Europeの最新アルバムがすでに発売されていますが、まだ買えていません。('A`)
 うっかり、「ストパン」のOVAと同時に頼んだせいで、発送が今週末になってしまって。
 初動に貢献できんかった……。

 


 ■2月25日

 22日の話ですが、やっと英検2級の全工程が終わりましたー……あああぁぁぁぁああxさ! 日曜日の私、死ね!('A`)
 2次試験だったので面接だったのですが、いや、もう、ボロボロでした。
 一応、面接官の言っていることはわかったし、受け答えはできたのですが、文法は間違えるし、問2は最後までちゃんと言えないし、もう何をやっているのかと。('A`)

 試験が進むにつれて、面接官がどんどん可哀想なモノを見るような顔になっていって、最後はもう追い出されるようにして会場を後にしました。……HAHAHA!
 受付時間が夕方だったこともあって、外に出たらもう周囲は薄暗く、寒風が身に染みました。

 結果発表は3月3日ですが、落ちてたら7月にまた受けよう。

 ++++++++++

 お仕事の事とか。
 しばらく前に、バイトがまとめて辞めていったので新しく雇ったのですが、1日も持たなかった……。
 バイトですら即行で辞めていくって、どんだけヤバい会社なんだ。

 ++++++++++

 私が敬愛してやまない垣野内成美大先生のWebサイトが移転しました。

 ・垣野内成美オフィシャルホームページ

 ブックマークの変更などお願いします。

 ++++++++++

 ・グンマーが誇るキュートなゆるキャラ「ぐんまちゃん」の記念切手が出るよ!

 


 ■2月8日

 英検2級の1次試験、受かっていましたー!

 正直、受かるかどうかは五分五分だろうと思っていたのですが、蓋を開けてみれば合格点44点に対して57点も取っていました。
 最初の目標だった55点をも上回っているって、何かの間違いじゃ……。私、どこでそんなに得点したんだ?
 で、今回の詳細はこんな感じ。

 満点:75点、合格点:44点、獲得点:57点、合格者平均点:51点、全体平均点:40点

 次は、22日に2次試験が待っているので、気が抜けません。
 もうひと踏ん張り、がんばるぞい!

 ++++++++++

 私が尊敬してやまない垣野内成美大先生のWebサイトが移転しています。
 新しいアドレスはこちら
 ブックマークしている方は変更を。

 ++++++++++

 ・完全新作アニメ『ARIA The AVVENIRE』制作決定! ARIA全TVシリーズBlu-ray BOXの発売も決定!
 Blu-ray BOXは以前から話題になっていましたが、まさかの新作アニメまで!
 イベント上映ってことは、OVAになるのかな? 楽しみですね。

 しかし、アテナさん役はどうなるんだろう。
 川上とも子さんも河井英里さんも亡くなっているんだが……。
 代役か、ライブラリ出演かなぁ。

 ・蒼樹うめさん初の個展、上野の森美術館で今秋開催
 マジデ!? Σ(゚ロ゚ノ)ノ
 これは、予定を開けておかねば!

 ・「武装神姫」Blu-ray BOX追加特典・神姫フィギュア復刻販売のお知らせ
 フィギュア復刻販売って、MMS素体ってことでいいのかな?

 武装は一切付かないみたいだけど、1体8,000円+税、4体セット25,000円+税って……高いなぁ。
 しかもよくよく読んだら、BOXにフィギュアが付くんじゃなくて、BOXとフィギュアは別売りなのね。
 つまり4体揃えようとしたら、18,000円(Blu-ray BOX)+25,000円(フィギュア)+税が必要っていう……。

 おそらく、金型から新規作製&コナミへの版権料で、それくらい行っちゃうんだろうけど。
 しかも、発送時期が2016年4月以降とは……。

 


 ■1月26日

 英検2級の1次試験が、やっと終わりましたー。
 ……が、今回は全然できんかった……。(;´Д`)
 大問1と2のあの難しさはなんなんだ……。

 長文読解とリスニングの難易度はむしろ低かったですが、自己判定だと40点から45点といったところで、合格しているかどうかかなり不安。
 発表まで約2週間、落ち着かないなぁ。
 つーか、リスニング問題で過去問とまったく同じのが出てくるって……。

 あと、準2級の時は中高生ばかりでしたが、2級ともなると社会人の受験者が多くなりますね。
 時期的に入試組が受験していないとはいえ、半数くらいが社会人(もしくは大学生)でした。

 それはさておき、向こうしばらく試験のことを考えなくて済むと思うと、すごい解放感があります。
 ここんとこ、ストレス・フルな生活をしていましたからねぇ。

 もっとも発表まで時間があるので、その間も2次試験の勉強をしなきゃいけないんですが。
 でも、2〜3日はゆっくりしようかと。

 ++++++++++

 先日、長年使っていたアフタヌーンティーのティー・ポットを破損してしまいまして……。
 何かいいポットはないかと思い、ネットを彷徨っている際にこんなポットを見つけました。

 

 イギリスのブラウン・ベティという老舗メーカーのポットです。
 テラコッタという赤土を二度焼きして作ったハンドメイドの逸品だとか。
 ちなみに、ブラウン・ベティは製造業者が何度変わっているらしく、左が新型、右が旧型のようです。底面のデザインが違う事以外は、見分けつかないけど。

 なぜ2つ買ったかというと、私は紅茶を入れる際に一つを蒸らし専用にして、蒸らし終ったらもう一つのポットに入れ替えるという方法を取っているからです。
 こうすることで、時間が経っても同じ濃さの紅茶を楽しめるんですねー。

 で、このポットの特徴ですが、amazonのレビューでも言われている通り、注ぐと一気にドバっと出ます。
 これは、茶葉が外に出るのを防ぐ仕切りが、ポットの中に全くない為と思われます。
 下手をすると、細かい茶葉はポットの中をスルーして全部出てくるので、フィルタは大きめがよろしいかと。
 カップに直接注ぐ場合は、リーよりピオニーがお勧め。
 あと、大きい茶葉の場合は、高確率で詰まります。

 他には、蓋が外れづらいように工夫されているのが嬉しいですね。
 過去に何度、蓋を落っことして大惨事になったことか……。
 ただ、ポットの上側が急激にすぼんでいるので、満水まで入れた状態で慌てて移動させると、溢れるので要注意。

 お値段は、amazonで4,000円から5,000円程度と、ポットにしては手ごろな値段なので、お勧めです。
 まぁ、注ぐのには慣れが必要ですが。

 ++++++++++

 ・武装神姫「マスターのためのラジオです!」Blu-ray BOXの発売を記念して2月14日に限定復活決定!
 ここにきて、急に神姫が動き始めましたね。
 一体、どこからそんな予算が(笑)。
 延期を繰り返していたキューズQのアルト姉妹もようやく出荷されましたし、これでまた神姫が活気づかないかなぁ。

 


 ■1月18日

 英検2級の試験まで、泣いても笑ってもあと1週間……。

 ++++++++++

 全然知らなかったのですが、スウェーデン出身のメタルバンドEuropeが日本に来ていたみたいですね……。
 行きたかった!

 と言っても、試験はあるし会場は川崎だしで、結局無理だったでしょうけど。
 しかし、こうして今でも日本に来てくれるなんて嬉しいですなぁ。

 そのEuropeですが、3月4日にニュー・アルバム「War Of Kings」が発売されます。

 ++++++++++

 CDと言えば、Jupiterのニュー・アルバムも発売になっていましたね。
 当然私も買ったのですが、今回もハイクォリティな仕上がりで、大満足でした。
 懸念していたデスメタル方面への転向はなかったので、ほっとしています。(^‐^;)

 ただ、今回はギターのHIZAKIさんによるセルフ・プロデュースという事もあってか、やや似たような傾向の作品が並んでいたかな?
 もう少し、バラード系も欲しかったですね。

 Jupiterは「新チューボーですよ!」で、1〜3月のED曲に選ばれたそうで、これからも活躍に期待できそうです。

 


 ■1月17日

 「ストライクウィッチーズ」の映画を観に行ったついでに、三菱一号美術館で開催されていたミレー展を観てきました。
 バルビゾン派を中心に、モネらミレーの影響を受けた画家の作品が多数展示されていて、バルビゾン派大好きな私としては、大満足の展覧会でした。
 展覧会前半のフォンテーヌブローの森を題材にした作品群は、まさに私好み。
 私が愛してやまないコローの絵もたくさんありましたし、ラ・ペーニャ、ランビネといった作家も素晴らしかったです。

 今回、ボストン美術館からやってきたミレーの作品の中には、「ボストン美術館3大ミレー」と言われる「種をまく人」、「刈入れ人たちの休息」、「羊飼いの娘」が含まれていました。
 ミレーが台頭し始めた当時、まだまだフランス画壇は保守的で、伝統的な宗教画が賛美されていましたが、その中で農民のたくましさを描いたミレーの作品は、観ている私たちにも生きる勇気を与えてくれるかのようです。

 しかし、三菱一号美術館は照明が悪いですね……。
 作品を守るためなので仕方ないんですが、暗いし、照明の角度が悪く絵の色合いが変に見えてしまいます。

 とはいえ、ミレーの作品を一気に25点も観られるなんて、日本は幸せですね。

 ++++++++++

 東京へ行ったついで……という事で色々回ったのですが、赤坂のドイツ洋菓子店へ寄ってきました。
 お店の名前は、「ツッカベッカライ カヤヌマ」という、人のタイピング能力を試しているかのような名称なんですが、お目当てはこれでした。

 

 シュネーバル(シュネーバレン)です。
 そう、「ストパン」好きならピンとくる「サン・トロンの雷鳴」で、エーリカが食べていたお菓子です。
 調べたところ、日本ではめったに扱われていないらしく、ネットで調べまくってかろうじて見つけました。

 エーリカが、ほいっと口に放り込んでいたので、てっきりシュークリームのようなものを想像していたのですが、実際はクッキー生地のお菓子でした。
 200ccのティー・カップと比べてもらうとわかる通り、結構大きいです。本場ドイツでも、ソフト・ボールくらいの大きさのものが多いとか。
 天使は、よくこんなのを一口で放り込んだなぁ(笑)。

 粉砂糖がふんだんにかかっているものの甘さは控えめで、ジンジャーが利いています。
 エーリカが「わーい、お菓子だー!」と言っていたので、甘いお菓子だと思っていたのですが、これも意外でしたね。

 それで、外側から少しずつはがして、生クリームを付けて食べます。
 しかし、クッキー生地が意外と脆く、すぐにポロポロと崩れてしまうので注意が必要。

 お値段ですが、本場ドイツなら1個1ユーロ〜2ユーロあたりのところ、ツッカベッカライでは864円……。おぉう……。

 ちなみに、今回用意した紅茶は、マリアージュフレールの「ダージリン・プリンストン」。
 何気に、マリアージュフレールは三菱一号美術館から徒歩10分くらいの所にあるんですよね。
 「ダージリン・プリンストン」は、夏摘みダージリンの気高い芳香が素晴らしい紅茶。
 もっとも、私が買ったのはピュア・セカンドではなくブレンドなので、ちょっぴりお安めですが(笑)。

 あと、ティー・カップはウェッジウッドのカーゾン。
 「サン・トロンの雷鳴」でも、同じデザインのカップをカルスラ組が使っていましたね。
 もっとも、1945年当時、ウェッジウッドは創設されていたけど、カーゾンはまだ存在していないので、スタッフの持ち物かな?

 ++++++++++

 垣野内成美大先生の活動情報紙、「平野屋でんでんむし」の受付けがそろそろ始まります。
 すでに購読済みの方の所には案内が行っていますが、これから購読したいという方は、公式ブログで受け付けていますので、お早めにどうぞ。

 ・「平野屋でんでんむし」の購読について

 


 ■1月10日

 本日は、待ちに待った「ストライクウィッチーズ エーゲ海の女神」の公開日でした!
 私も、勉強そっちのけで観てきましたよ!(いいのか)(たまには、息抜きも必要よ)

 以下、ちょっとした感想を。

 冒頭は、ルッキーニの実家と、そこに居候しているシャーリー。
 ルッキーニのマーマが登場していましたが、ストパンで家族との交流が描かれるのは珍しいですね。
 そのマーマは、予想通り浅黒で小太りのいかにもイタリアの母って感じで良かった。
 ルッキがファースト・ネーム、しかも「フランカ」と呼ばれるのは、映像作品では初めてなので新鮮でした。

 シャーリーが、スパゲッティにタコが入っていないか警戒していると、緊急の伝令で2人はクレタ島へ。
 今回の作戦では、シャーリー&ルッキーニのほかに、マルセイユとライーサが出撃。

 前回、マリーは端役でしたが今回はライーサも活躍してくれました。
 私は小説や漫画を観ていないので、従卒のライーサはもっとマルに従っているイメージだったんですが、結構異見もしていたんですね。

 そして、作戦を指揮するのはノイマンさんとロンメル将軍なのですが、おっかないノイマンとウィッチに理解を示すロンメル将軍の対比が面白かったです。
 しかしロンメル将軍、イケメンで優しくてカッコいい。
 ここまでカッコいい男キャラが、今までストパンに出てきたことがあっただろうか。

 それはそうと、島に篭城しているネウロイを島ごと破壊するというノイマンに、シャーリー&ルッキーニが反対。
 島は、ルッキーニにとって想い出のある場所だったこともあり、爆雷攻撃による作戦を承認させるものの、案の定失敗。
 というか、今回のネウロイもめっぽう強い。

 そして撤退した4人。ここで、やっと恒例のシーン(笑)。
 しかし、劇場版なのに湯気が濃い! Σ(゚ロ゚ノ)ノ
 その上、マルセイユとライーサのみでシャーリー&ルッキはナシ。

 翌日、再び艦隊と共に再出撃をする4人。
 けど、想い出のある島を守りたいというルッキーニの気持ちを大事にしたいシャーリーは、放棄されていた艦艇のワイヤーを使って
敵を引っ張り出すという作戦に。
 しかし、肝心なところでバッテリー切れ。
 そこへ、颯爽と飛行艇でかっ飛んで来てピンチを救うロンメル将軍。
 カッコいい、カッコ良すぎるよ、ロンメル将軍!
 でも、どうやって飛行艇で着艦したんだ!(笑)
 情報によると、その辺の事情はパンフレットに書いてあるそうですが、未読なのでわからず。

 で、結局引っ張り出されたネウロイに、すかさずノイマンさんが艦砲射撃を指示。
 ネウロイが粉砕されて、めでたしめでたし。

 そして、タイトルにもなっている「エーゲ海の女神」とは、島にある古代遺跡の事でした。
 ルッキーニはこの像をどうしてもシャーリーに見せたかったのだそう。

 EDは、シャーリー&ルッキーニによる新曲でした。

 その後、Cパートへ。
 やっぱり登場、芳佳とみっちゃん。
 世界的に有名なマルセイユと知り合いであるのも関わらず、まったく自覚のない芳佳をまたしてもたしなめるみっちゃん。
 それはいいけど、あなたと一緒にいる人も世界的に凄い人なんですよ、みっちゃん(笑)。

 次回は、いよいよペリーヌとリーネちゃんが主役! ゲストはアメリー!
 あれ、この面子だとみっちゃんは誰のことを羨ましがるのだろう。
 ていうか、ペリーヌしかいないか(あまり知られていないけど、ペリーヌはガリアのトップ・エース)。


 こんなとこかな。
 ついつい、長々と書いてしまった。
 久々に東京へ行ったこともあり、他にも色々回ったので、それは明日以降に書きます。

 ++++++++++

 ・有給休暇取得、企業に責任…時期指定義務づけへ
 >政府が26日召集予定の通常国会に提出する労働基準法改正案の骨子が明らかになった。
 企業に対し、従業員がいつ有給休暇を取得するか時期を指定することを義務づけ、確実に取得させることが柱だ。


 ホントかよ!(笑)

 一応、議論はしたけどやっぱり駄目でしたとか、企業努力に期待するとか、いつの間にか立ち消えって結果になりそう。
 守らない企業には罰則までは絶対に行かないんだろうなぁ。

 ・ホンダ、2千万円のオートバイ発売へ ほぼモトGP仕様
 >ホンダは、世界の二輪車レースの最高峰「モトGP」を走るものとほぼ同じオートバイを、日本を含む世界で年内に発売する。価格は2千万円程度と、同社が市販する国内製二輪車で最高になる見通しだ。ホンダはモトGPで、昨年まで4年連続で総合優勝しており、愛好家の注目を集めそうだ。

 以前から噂は流れていましたが、本当に販売するとは。
 この車両を、実際のモトGPでも使えるようにして、レース人口の増加につなげるって話もあったような。

 ・Jupiter、vifインタビュー
 私の所にも、セカンド・アルバムが届きました!
 感想は後日。

 ・フレームアームズ・ガール 轟雷、予約開始!
 あみブロの記事はこちら
 神姫が終了したこともあり、ちょっと興味があるんですよね。
 素体を出してくれないかなぁ。

 ・ゲームCGの原理から学ぶ! イラストの色塗りのコツ
 これは役に立つ!
 ていうか、役に立てられるように努力しないと……。

 


 ■1月1日

 明けましておめでとうございます!
 今年も、こうやって新年のあいさつができるっていいですね。
 本当にそう思います。

 ++++++++++

 


 「ストパン」と「神姫」に続き、「TV版 吸血姫美夕」の北米版DVDを買いました。ヽ(´▽`)ノ
 と言っても、例によって買ったのはしばらく前(笑)。
 元々LDで持っていたのですが、プレイヤーがダメになって観られなくなってしまったので。

 日本で発売された「美夕」の円盤は、LD版の他にコンプリートDVD・BOX版がありますが、これはLD版の方。
 つまり、TV放送時のバージョンはナシ。

 しかし、パッケージを開けて驚いた。

 

 5枚のディスクが、全部一つのアタッチメントにくっついてるよ!\(^o^)/
 慌てて、ディスクを全部空ケースに移しました。
 アメリカンめ、なんといい加減な……(笑)。

 内容の方ですが、日本語音声の字幕版と英語吹き替え版があります。
 しかし、肝心の日本語音声の方は字幕を消せず。
 どうしても字幕を消したければ、2枚買って英語版の映像を観つつ、日本語版音声を聴くという荒業が必要(笑)。

 まぁ、それほど鬱陶しい字幕ではないのでいいですが……。
 「神姫」の時は、壁に書かれた文字や日本の風習に関することまで、字幕で表示されていたからなぁ。

 それはそうと、例によって字幕と英語音声は別なので、ディクテーションの練習は難しいかも(正解がわからないので)。

 あと気になったことと言えば、

 ・なぜか、英語版OPに謎の効果音が追加されている。
 ・曽根璃莉(そねりり)がRuriに誤訳されている。
 ・「部長」の字幕が「My Bucho」になってた(笑)。英語版音声を確認したところ、ちゃんと「My boss」になっていましたが。
 ・やっぱり、「お兄ちゃん」と「お姉ちゃん」の英訳は苦労してるなぁと。「Big sis」とか「Dear brother」とか、ネイティブが絶対使わなそうな訳になっています。
 ・「いただきます」もそうだけど。

 こんなとこでしょうか。
 しかし、「美夕」みたいな大昔の、しかも興行的には失敗した作品のDVDがあるなんて、アメリカンも侮れませんなぁ。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
Back
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●