Diary

BACK TO TOP

 


 ■2019年6月23日

 

 シスプリ20周年記念イラスト、ようやく完成。

 ++++++++++

 ・垣野内成美大先生の「吸血姫美夕-朔-」第18話後編、配信開始!
 単行本第3巻、発売中!

 

 アリスの3Dボディが新しくなって、可愛さ倍増。
 ジェムカンの3Dには程遠いけど、家庭用PCでも動かせることが前提だから、このくらいが限界かな。

 それと、アイちゃんとのコラボもおめでとう。

 

 


 ■2019年6月16日

 6月上旬までにあった、イラストの締め切り4件、何とか全部終わったー……。
 しかし、締め切り当日にPCが異常起動するのは、心臓に悪いのでやめていただきたい。

 ++++++++++

 GW中、10日ほど入院していたわけですが。
 その間、ずっと家を空けるので、郵便物を局止めにしておいたのですが、そんな必要は全くなかった……。

 ++++++++++

 昨年末から、Vtuberの引退が相次いでいますね。
 特に、5月から加速度的に増えて行っている気がします。

 しかし、ネット上の関係でしかない以上、いつか絶対別れなければならない時が来るわけで。
 いつその時が来てもいいように、覚悟はしておく必要があるのかもしれませんね。

 ++++++++++

 ・Kamijo、ニューシングル「Eye of Providence」が発売決定!
 2019年7月24日(水)発売。
 kamijoさんの誕生日が7月19日だからか、7月は毎年何かがあるなぁ。

 ・響木アオ、夢を叫ぶ新曲 -BARKS
 新曲「ユメスクリーム」は、6月5日より配信スタート!

 ・「四月一日さん家の」DVD&Blu-ray BOX 発売決定。
 に、にににに、25,080円(税込・送料別)!? Σ(゜ロ゜ノ)ノ

 消費税10%を見越しての値段とは言え、結構強気で来たなぁ……と、最初は思ったんですが、良く考えたらアニメの円盤1クール分よりは安いのね。
 なおDVDは、18,480円(税込・送料別)。
 2019年10月9日発売です。



 ・関連:【悲報】ファンチによりVtuber引退

 だから、私はネットでのコメントをやめた。
 私が普通に会話しているつもりでも、相手からしてみたら私の存在自体が迷惑って事もあるから。
 最初から、誰とも関わらなければ、誰も傷つけずに済むのよ。

 私自身も、ネットで身近な人間から散々なじられましたが、やはり見知らぬ人間から言われるより、堪えるものがありますね。
 もっとも私の場合、傷つくより怒りの方が大きいので、辞めるって事はありませんでしたが。

 ・モンティ・ホール問題
 人間が直感で理解できる確率と、数学上の確率は違うというお話。

 


 最近、足の手術をしてきたわけですが、その際に感心したのが麻酔の事。

 今は、手術で局部麻酔が使われる事はまずなく、ほぼ全身麻酔だそうですが、これって徐々に眠気が来るものと思いきや、眠気を感じる暇もなく寝入ってしまうんですね。
 んで、起きた時にはすっかり手術も終わっているという。

 昔、局部麻酔で手術をした時は、しばらく頭がぼーっとしたままなかなかスッキリしなかったんですが、そのような事もなく、普通に目覚めて夕方には勉強をやっていました。

 それと、目が覚めた時はまだ集中治療室のような所にいたんですが、切除した骨を見せてほしいとお願いして見せてもらいました。
 大腿骨って、意外と細くて小さいんですね。
 これにより、自分の大腿骨を見た事がある貴重な人間になりました。

 記念に貰ってこようかと思ったんですが、それは断られました。

 ++++++++++

 ・60億円を払わずに、逆にお金をもらえる方法
 >チラシを印刷する前に、その顔写真を撮影したカメラマンの許可をとっていませんでした。
当時の法律では、カメラマンは、自分の写した写真一枚につき、最大1ドルの著作権料を請求することができたのです。
 (中略)
 当時の担当者は、このように電報を打ちました。
 「現在、300万枚ものルーズベルトの写真チラシを作ろうとしていますが、その写真に、あなたの写真を採用するべきか考えています。もし採用されたら、全国的にあなたの名を売るチャンスです。掲載するために、あなたは、いくらまでなら払えますか?」


 これ読んで、「アイタタタタ……」と思ってしまいました。

 というのも、私も似たような経験があるんですよ。
 知名度ゼロとはいえ、私も一応イラストレータですが、どこで私の名前を知ったのか、商業の依頼が来たことがありましてね。
 その内容っていうのが、

 「今度、お前のイラストを採用して宣伝してやる。その代り、代金として1万5千円払え」

 というものでした。
 まぁ、文面はもうちょっとビジネス・レターな感じでしたが。

 これ見た私は、(;゜Д゜)!!! ハァ!? でしたよ。
 いや、イラストレータに仕事を依頼しといて、逆に金払えはないだろうと。
 もちろん、このメールは無視したんですが、おそらく採用するというのは嘘で詐欺だったんだろうな、と。

 もっとも、前述の記事の論旨は、

 >別にこれを「労働力を安く買いたたいたエピソード! みんなもそうしようね!」みたいなことを言いたいワケではありません。

 ここにあるんでしょうけど、クリエイタとしては面白くない話。
 同じような事を言われたら、すぐには飛びつかず熟考する事を強くお勧めします。
 自分の価値を安く見積もると、良いように使われて終わってしまうよ、というお話でした。

 ちなみに、件の業者からは、その後も同じ内容の依頼が数度来ましたが、全部無視しました。

 ・おいしい紅茶を入れる人は魅力が増す。イギリスの最近研究で明らかに
 私も、イギリスに行けばきっとモテるんだぜ。(´・ω・`)

 ・ガンダム・センチネル GUNDAM SENTINEL 特報風映像

 ・垣野内成美大先生の「吸血姫美夕-朔-」第18話前編、配信開始!
 単行本第3巻は、6月20日発売予定!




 元の映像は、ニュージーランド交通局による2014年のCM。
 YouTubeにアップされていたけど、既に削除されているようですね。
 車が衝突する直前に時間が止まって、運転手がミスを後悔するという斬新な映像で、自動車事故に警鐘を鳴らしています。

 最近、車の事故による凄惨な事件が相次いでメディアを騒がせていますが、同じような事は車を運転する人間なら誰でも起こり得る話。

 自分は大丈夫ではなく、常に自戒することが大事。

 


 ■2019年5月9日

 人工関節の置換手術で、10日ほど入院していわけですが。
 そこそこレベルの高い病院に入院していたにも関わらず、色々と困った事がありました。

 ・室温が20℃で固定。
 病院の方針で、室温が20℃で固定されていた為、病室が凍えるほど寒かった……。
 折しも、4月としては異例の大寒波がやって来た時だったので、ジャンパーを着込んで毛布をかぶっていましたよ。

 ・同室のDQNが、大音量でゲーム三昧。
 私が入院したのと同じ日に、交通事故を起こしたというDQNがいたんですが。
 このDQN、朝から晩まで大音量でゲーム三昧。

 あまりにもうるさいので、看護師にやめるように頼んだのですが、それでもガン無視で続行。
 挙句の果てに、部屋中に鼻が曲がるような香水を撒きおって……。
 もう個室行けよ。

 ・看護師に、毎日数十分も説教するじーさん
 ただでさえ忙しい看護師を捕まえて、数十分間も文句を言い続けるじーさんがおりましてな。
 しかもその内容ときたら、会話の態度が悪いだの、物音を立てるなだの、ろくでもないものばかり。
 一方で、前述のDQNには一切文句を言わないのだから、呆れてしまう。
 結局のところ、抵抗してきそうもない相手に文句を言って、憂さを晴らしたいだけだろうと。

 ・依頼した薬が、行方不明になる
 入院中、どういうわけかまったく寝付けなかったので、睡眠導入剤を頼んだのですが。
 その薬が、なぜかナース・ステーションで行方不明に。∑(゜Д゜)
 結局、2日遅れで届いたんですが、最初の薬はどこ行ったんですかね?

 まあ、こんな感じで結構面倒な目に遭っていました。
 差額ベッド代のかからない安い大部屋なんて、こんなもんかもしれませんが。

 ++++++++++

 帰宅して早々、5月末締め切りのイラストが2本、6月上旬締め切りのイラストが2本もあったため、ちょっと更新が鈍ります。
 さすがに、この短期間で4本は無理があるので、何本かは諦めるかもしれませんが。

 ++++++++++

 ニコ生で放送予定の「四月一日さん家の ドキドキ前後生放送 #4」で、ななななな、なんとアオっちアリスが共演との事。

 大好きなVtuberトップ2が共演て、これは珍しい。
 日時は、5/10(金)深夜24:30~。つまり、5/11(土)0:30~です。

 


 ■2019年5月8日

 とう!
 人工関節の置換手術を経て、戻ってまいりました。
 持病の特発性大腿骨頭壊死症が、もう限界に達していた為、とうとう手術で大腿骨をブッた切ってきました。

 私は、子供の頃からサイボーグになる事に憧れていたので、これで良かったと思っています。

 入院期間は10日で、病院からは驚異的な回復力と言われました。
 何せ、手術の次の日には、もう杖で歩いていましたからね。
 本当なら9日間だったのですが、病院がGW中だった為、1日延びてしまいました。

 しかし、よりによってGWと改元を病院のベッドの上で過ごすという、何とも名状しがたい体験をしました。

 まだ、完全回復というわけにはいかず、長距離を歩くには杖が必要だし、重量物の持ち上げもできませんが、痛みは大分なくなったので、ぼちぼち復活して行こうと思います。

 ++++++++++

 帰宅早々、Firefoxの大バグ祭に巻き込まれて頭抱えていました。
 お前、アドオンを入れてなんぼのソフトなのに、それを軒並み自動で無効にするってどういうことよ。

 加えて、修正パッチが来ても直らない……。
 アドオンを削除して、再インストールしようとしても失敗する。
 ようやく再インストールに成功したと思ったら、今度はアドオンが動作しない。\(^o^)/

 仕方ないので、Firefoxをアンインストールしてアドオンを入れ直したものの、やっぱり動作しない。

 誰か助けて……。_| ̄|○”

 一か八か、Firefoxをリフレッシュしたら、やっと元に戻りました。

 いやはや、こんなので数時間無駄にしましたよ。何やってんだ自分。

 ++++++++++

 
 令和ちゃん
 落書きだけど、ギャラリーに置いときました。

 ++++++++++

 ・垣野内成美大先生の「吸血姫美夕-朔-」第17話前編、配信開始!
 単行本第3巻は、6月発売予定!

 


 ■2019年4月22日

 最近、足の痛みが酷くて痛み止めを大量に飲んでいるんですが、大して効きはしないのに副作用である吐き気と眠気だけはしっかり出るという、何とも名状しがたい状態になっています。

 おかげで、シスプリ20周年イラストは、もうしばらくかかりそう。

 ++++++++++

 パリのノートルダム大聖堂の一部が、火災で焼失したそうですね。
 私が、フランスに滞在していた時も訪れたことがあるんですが、あれだけの歴史的建築物が傷ついてしまうなんて、実に残念です。

 

 私が、フランス滞在時のノートルダム大聖堂。
 クリスマスの飾り付けがされていました。

 ++++++++++

 私が愛してやまないVtuberの一人である、響木アオが出演している「四月一日さん家の」が放送開始されました。

 物語は登場人物3人のみで、家の中だけで繰り広げられるクローズド・コメディ・ドラマなんですが、終始クスリとくる見事な演出で、期待以上の出来でした。
 まさが、アメリカのコメディ・ドラマのごとく、ガヤが入るとは思いませんでしたが。

 あと、モーションがややカクカクなのは、キャプチャ・ソフトのせいなのかなぁ。
 モデルも、腕がおかしな方向に曲がっていたり、ソフトがちょっとイマイチなのが残念でした。
 とはいえ、脚本はホント良かったので今後も期待大です。

 なお、放送地域外の方、もしくは私のようにTVがない方は、TVerで視聴できますん。

 それはそうと、このドラマでアオっちを知った人がYoutubeの動画を観たら、ギャップで頭を抱えるんじゃなかろうか。

 

 ときそらのジト目が、頭から離れない。

 ++++++++++

 ・ヨーロッパの来日公演が2019年4月に決定
 >スウェーデンのヘヴィメタル/ハードロック・バンド、ヨーロッパ(EUROPE)の来日公演が2019年4月に決定。26日(金)、27日(土)、28日(日) にCLUB CITTA'で行われます。

 今、知った(涙)。
 残念ながら、私は用事があるので行けませんが、久々の日本公演。成功するといいですね。

 ・GEMS COMPANY初の単独ライブ開催が決定
 私が愛してやまないVtuberの一人である、珠根うたが所属するジェムカンの1stライヴが決定……していました(汗)。
 既に、チケットの先行販売は終了していますが、4月27日から一般販売(先着)が開始されますので、興味のある方は是非。

 日時は、2019年6月28日・29日・30日。
 会場は、DMM VR THEATER YOKOHAMAです。

 うーたまは金曜日なので、私は無理ですね。
 もっとも、私はオタク系イベントには出ないので、行く予定はなかったんですが。

 ・垣野内成美大先生の「吸血姫美夕-朔-」第16話後編、配信開始!

 


 ■2019年4月7日

 新元号が、「令和」に決まりましたね。
 もっと親しみやすい漢字が来ると思っていただけに、最初見た時は全くピンと来なかったんですが、「平成」の時もおんなじ事を言っていたので、おそらく使っていくうちに慣れるんでしょう。

 ネットの反応は、概ね良いようで安心しました。

 ++++++++++

 ・垣野内成美大先生の「吸血姫美夕-朔-」第16話前編、配信開始!
 冷羽って、美夕とは旧知の仲だったんですが……今回はよもやの別作品だった?

 ・実はエッフェル塔の夜景写真を無許可でSNSなどに公開するのは違法
 な、なんだってー! 全然知りませんでした。

 フランスは、景観にも著作権があったんですねぇ。
 この法律で罰せられた例はないそうですが、やっぱり躊躇してしまいますよねぇ。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
Back
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●