Diary

BACK TO TOP



 美少女神姫オーナーことマイコが、MMS管理機構から持ち出した機密情報を奪還し、それを削除せよ!
 MMS管理機構・日本支部兼アジア地域統括支部長の西園寺 輝彦から命を受け、敵の組織が所有するサーバへ侵入した神姫たち。

 度重なる試練の後、とうとう機密情報が隠されているサーバ深層部へ到達した彼女らだったが、そこで驚愕の事実が発覚。
 マイコが奪った機密情報とは、神姫の軍事転用に関する文書だったのだ!
 そして、その主導者は依頼人である西園寺 輝彦。
 マイコは、知人であるCrawfordと組み、西園寺の悪事を告発しようとしていたのだ。

 自らの企てが露見した西園寺は正体を表し、新型の軍事用神姫で襲い掛かってくる。
 果たして、サーバに侵入した神姫たちは、西園寺の暴挙を打ち砕くことができるのか……!

 

 敵神姫はLv500の完全なる者“root”。
 LP/SP不明、攻撃Lv100、命中Lv100、回避Lv100、防御Lv0。
 通常、神姫の最高Lvは330。完全に規格外の神姫である。

 それに対して、ランスロットはLv240。
 果たして、こんな化物に勝てるのかっ!?

 

 rootの全容。
 禍々しさを全身から放った神姫。
 いや、もはや神姫と呼んでいいものなのかどうかすら不明。
 まだバトロンに対応していない盛子や橇子のパーツまで含まれています。

 しかも、LP9999、SP2500!
 規格外にもほどがあります。

 

 たった1激で、2400ダメージも与えるroot!
 秋ヶ瀬家で最強を誇るランスロットもさすがに苦戦。
 しかし、ダイヤ3つでSクラスの実力は伊達ではありません。

 

 渾身の力を込めて放ったクライモアの攻撃を受け、分解されるroot。

 

 最期には、美しい光となって消えていきました。
 勝利は我が手に。

 最新技術の粋を集めた神姫が敗れ去り、動揺を隠せない西園寺。
 その西園寺に、マイコが言い放つ。
 「神姫を強くするものは、オーナーとの絆なのだ」……と。
 そして、優れたオーナーは必ず神姫を愛している。神姫はその愛を受けて、強く美しく育つのだ……と。

 その言葉に怒り狂う西園寺。
 彼は、神姫たちのいるサーバをシャットダウンさせようと目論む。
 こままでは、サーバの深層部にいる神姫たちが抜け出せなくなってしまう!

 そこでマイコが叫んだ!
 「ミズキ!」

 

 マイコ専用神姫・ミズキ試作型が登場。
 彼女の能力を利用し、サーバの外まで脱出しようというのだ。
 しかし……、

 

 その行為は、ミズキ自身の破壊を意味する。
 自らの命をなげうってまで、ランスロットを助けようとするミズキ。

 

 笑顔でホワイトアウトしてゆくミズキ……。

 

 

 

 


 

 

 

 戦いを終え、オーナーの元へ戻ってきたランスロット。
 その顔に、勝利の達成感はない。
 何かを失ってしまった喪失感が、その幼い表情には映っていた……。

 

 

 


 終わり。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
Back
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●