オリジナル:夏色少女
2007.9.8


 まん丸お目々の娘さんが好きなのです。

 




オリジナル:残暑見舞い娘さん
2007.8.19

 何か夏らしいものでも置いておこうと思って、急遽描いてみました。

 ちゃっちゃと仕上げるつもりだったのに、気が付けば6時間もかかってましたが。(;´Д`)
 相変わらずラフが汚い上に、クリーンナップが苦手なもんだから、線画が終わるのに4時間とかかかってます。

 あと、関係ないですが、オールバックの娘さんを描くのは何気に好きです。

 




吸血姫夕維:夕維
2007.8.4


 この絵も前のものと同じく、1年以上前の5月に下絵をやったまま放っておかれていました;
 あと最近、背景がいい加減なので、なんとかしたいところ。

 




吸血姫夕維:夕維
2007.7.23


 女性キャラクターの中で、誰が一番好きかと訊かれたら、真っ先に名前を挙げる「夕維」を描いてみました。
 線画やったの、去年の5月ですが。
 1年以上、ほったらかしていたのか……。(;´Д`)

 それはそうと、オフラインでは何回か描いた事のある夕維ですが、Webで公開するのは初めてですね。
 思い入れがありすぎて、なかなか描けないのかも。

 けど、この夕維、意図的に足を描かなかったら、ジオングみたいに見える……。_| ̄|○”

 ちなみに、一番好きな漫画作品は何かと訊かれたら、「午後3時の魔法」と答えます。
 この作品のキャラクターは、オフラインですら一度も描いたことがありません。
 やっぱり、思い入れがありすぎるとダメなのか……。

 




シスター・プリンセス:メカ鈴凛
2005.7月頃?


 この絵も下の絵と同様、合同誌に提出したイラストです。

 モアレが心配だったので、珍しくブラシ塗りをしていませんねー。
 たまにはこういうのもいいか。
 あと、縮小して見えなくなっていますが、折れた翼には「NEKOMIMI-SYSTEM」と書かれています。

 




シスター・プリンセス:鈴凛
2005.7月頃?


 HDD漁っていたら出てきたイラスト。
 2年位前に、どこかの合同誌に寄稿したイラストです。

 当時はモノクロだったので、今回は初公開のカラー版を。
 というか、カラーで塗ったものをモノクロに変換して提出したような……?

 全ての線をパスで描くという暴挙(?)をやっているため、線がとてもキレイに仕上がっていますね。私にしては(笑)。

 




ひぐらしのなく頃に・罪滅ぼし編:前原圭一&竜宮レナ
2007.6.24


 今度は普通に遊んで、普通に笑い合って、普通に……恋をしよう。
 ……絶対に互いを疑わない。互いを絶対に信じ合う。
 ……だから………絶対に会えるよね? 約束だよね……?


 疑心暗鬼に捕らわれて暴走するレナ。
 そのレナを、圭一は命がけで救おうとした。

 なぜ……?
 それは、かつて自らが暴走した時、レナが命をかけて救おうとしてくれたから。
 あの時レナは、どんなに傷つこうとも逃げなかった。最期に事切れる、その瞬間まで……。
 だから……。

 そんな圭一の必死の呼びかけに、正気を取り戻すレナ。
 幾度のすれ違いを経て、二人はようやくわかり合えた。

 そして二人は立ち上がる。
 惨劇を打開すべく。自らの幸福を手に入れるべく。
 その道は険しく、決して平坦なものではない。

 けれど、もう迷わない。
 なぜなら、二人は今この瞬間、本当に一つになれたのだから。

 




ひぐらしのなく頃に・皆殺し編:鷹野三四
2007.6.23


 皆殺し編の鷹野さんは、いろんな意味で最強だ!(笑)

 関係ないですが、今回はラフがわりと綺麗に描けたので、PC上でトレースせずに、各部を修正しただけで着色しています。
 私は、ラフに着色したイラストが意外と好きだったりするんですが、自分ではなかなかやりません。
 私のラフは、主線がどこにあるかわからないくらい、グチャグチャなので(笑)。

 




ひぐらしのなく頃に:富竹ジロウ
2007.6.22


 男性キャラの中では、一番好きです。
 本編では、真っ先に死んじゃって残念だったのですが、最後の最後でカッコいいところを見せてくれて嬉しかったです。

 つーか、私が描くと全然富竹さんぽく見えませんね。反省。
 あと、カメラがしょぼいのはツッコミ禁止。

 




ひぐらしのなく頃に・皆殺し編:羽入
2007.6.19


 参拝料は、シュークリーム3つなのです♡

 昨日のオヤシロ様の祟り(?)を鎮めるため、羽入を描いてみました。
 シュークリームは買ってませんが。
 そのせいか、トレース台が直りません。あうあうあぅ〜。

 


● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
TOP
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●