オリジナル:ふたりの少女
2011.7.31

 

 




3X3EYES:藤井八雲ほか
2011.6.20


 「これまでに感銘を受けた作品について語ろう」シリーズ、第11回は3X3EYESです。

 この作品も、以前紹介した聖エルザ・クルセイダーズ同様、何のきっかけで知ったのかよく覚えていなかったりします。
 ただ、同級生でとんでもないくらいファンだった奴がいたので、そいつの影響だったのかも?

 私が知ったのは、週刊ヤング・マガジンに移籍してからでしたが、その週刊ヤング・マガジンに掲載された第2部のラストが、当時としては相当壮絶だったため、感動する人が多数出たのを今でも覚えています。
 当の私もその一人で、綾小路ぱいは今でも好きですね。
 その後、再登場した時、容姿も性格も完全に変わっていて、何じゃこりゃー状態でしたが。

 でも、一番好きなキャラはパイではなくハーン。男かよ。

 この作品は、途中で何度も長期連載休止になり、このまま終わらないだろうと覚悟していたものの、10年くらいかかってやっと完結して良かったです。
 2010年に後日談が描かれましたが、そっちは未見。しかし、随分絵柄が変わったもんですね。
 絵柄といえば、作者の高田裕三氏は絵柄がころころ変わる方ですが、私は第2部の頃の絵柄が好きでした。

 この作品は、OVAにもなっていますがそっちも未見。
 だって絵が怖いんだもの(汗)。

 




けいおん!:若王子いちご
2011.5.29


 悪の帝王こと、いちご。
 モブ子で一番好きなのは、エリですが。

 




オリジナル:戦士(ヒーロー)
2011.4.30


 久々に、子供の頃から描いている男のコを描いてみました。
 実に、10年ぶりくらいだと思います。

 最初に描いたのは、私が10歳にも満たない年だったかな?
 ギャグっぽくて明るい、小学生の変身ヒーローだったんですが、私が成長するにつれ彼も歳をとり、なおかつ暗い哀愁を帯びたキャラへと変わっていきました。
 もはや、最初期とはデッサン含めて別人ですね。

 名前もちゃんとあるんですが……今にして思うとちょっと痛い名前なので(笑)、今後は封印です。

 




化学物質擬人化
シロシビンたん&ナイトラスオキサイドたん
2011.4.2


 世の中には色々な化学物質が存在します。
 その化学物質をかわゆいおにゃのこに擬人化してしまおうという、無謀かつ節操のないこの企画。

 何年ぶりだ!(笑)

 すみません、うじゃうじゃ増やすとか言いながら前作から5年、1作目からは実に7年経っていました。(汗)
 では、早速行きましょう!
 今回は2人組み! シロシビンたん(右)とナイトラスオキサイドたん(左)。


 名称:シロシビンたん
 化学式:C12H17N2O4P
 CAS番号:520-52-5
 PubChem:10624
 ChemSpider:10178
 日化辞番号:J6.604D
 KEGG:C07576
 用途:幻覚作用 ジャーマニズム

 特徴
 シロシビンたんは、人を笑わせるのがとっても好きな女のコ。
 通称ワライダケって言われるキノコ類に多く含まれているよ。
 彼女は、ナイトラスオキサイドたんと一緒に、いつも漫才をしているんだ。
 けど、漫才を見た人は面白いって思うより、強い幻覚作用を受けるみたい。

 それと気をつけてね。
 彼女は、麻薬取締法で厳しく規制されているから、一緒にいると警察屋さんと仲良しになっちゃうよ。
 それに30分一緒にいただけで、悪寒や吐き気に襲われるから、彼女の漫才は、あんまり長く聞かないようにしないといけないんだ。
 場合によっては、慢性的な鬱になることがあるから注意が必要だよ。


 名称:ナイトラスオキサイドたん
 化学式:N2O
 CAS番号:10024-97-2
 ATC分類:N01AX13
 KEGG:D00102
 用途:麻酔 ガソリンの燃焼促進 エスプーマ調理用ガス

 特徴
 ナイトラスオキサイドたんは、シロシビンたんとコンビを組んでいる漫才大好きな女のコ。
 亜酸化窒素とか笑気ガスとも呼ばれるよ。
 でもね、彼女の漫才は顔が笑ったように引きつるだけで、特に面白いってわけじゃないみたい。

 また、温度が300度になると体積が1.5倍になるから、モータースポーツの世界ではモテモテなんだって。
 ただ、あんまり長く一緒にいると、オゾン層を破壊したり、温暖化を助長したり、流産したりするから注意が必要だよ。

 




魔法少女 まどか☆マギカ:鹿目まどか
2011.3.6


 沈んでいく太陽に いなくなったあの人を重ね合わせ
 こぼれる涙を まばたきでごまかそうとしてる
 赤い空が夜空にかわり あなたとよく見た星が広がる

 あなたの好きだったオリオン座が 流れ星にかわるとき
 もう一度あなたに会えますようにと お願いしてみます

 迫りくる現実 認めなきゃいけない
 でもあなたに会いたい

 もずく/流れ星

 ---------------

 「まどか☆マギカ」第4話より。

 マミさんが惨殺されたシーンは、衝撃的だったものの、それほど悲しいとは思いませんでした。
 日本に住んでいると、首を切られて絶命する機会なんて全くないから、
 フィクションとしてしか観られなかったのが理由でしょう。

 しかし、イラストのシーンは違いました。
 紅茶が飲みかけのまま残されていたのは、まどかに呼び出されて慌てて飛び出していったせいでしょう。
 シンクに残った食器も、帰ったら洗うつもりだったんだと思います。
 でももう、マミさんが紅茶を飲むことも、食器を洗うこともない。
 家主が二度と帰ってこないのに、生活感だけがそこに残っている。

 日常生活で首を切られて死ぬことはなくても、いなくなった人の部屋で独りむせび泣くということは、
 人生において度々あります。
 リアルだからこそ、私にはこのシーンがとてつもなく悲しかった。

 会いたいけれど会えない。
 あの人がいなくなったという現実だけが、ゆっくりとのしかかってくる。
 そんな心の機微を、このシーンは絶妙に表現していたと思います。

 




宇宙英雄物語:護堂十字ほか
2011.2.1


 「これまでに感銘を受けた作品について語ろう」シリーズ、記念すべき第10回は宇宙英雄物語です。
 聖エルザ・クルセダーズの挿絵を描いていた伊東岳彦氏が、漫画家としてデビューするというので購入しました。
 聖エルザ時代の不安定な作画は、ある程度直っていたもののヘタレ絵は健在。
 仲間内では、銀河英雄伝説の略語である「銀英伝」にちなんで「宇英物」と呼んでいました。

 最近では、ほとんど見なくなったスペース・オペラというジャンルの作品ですが、壮大なバック・ボーンを持っているにも拘らず、ギャグが中心でシリアスな内容になっても、1ページ後にはギャグにされているという始末。
 読んでいて脱力感がハンパではないのですが、もう少しまじめにやっても良かったのではないかと、今になって思うのですが、どうか。

 しかし、コミックコンプの(というか角川の)お家騒動に巻き込まれ、連載途中で打ち切り。
 このまま完結しないだろうと思っていたのですが、4年後にウルトラジャンプで復活したのは嬉しかった。
 もっとも、絵柄が大きく変わっていてかなり驚きましたが。
 「燃える」という言葉が、作中でよく使われていたんですが、今「もえる」と言ったら別の言葉になってしまいますね。

 当時、護堂十字のように豪快な人間になりたくて、結構背伸びをしていた気がします。
 十字は、私がなりたくてもなれなかった存在なんだろうな、と回想してみたり。
 宇宙に、強烈な憧れを抱いていたものこの時期でした。宇宙飛行士になりたかった!

 んで、伊藤岳彦氏の作品にありがちなんですが、星詠号の内装や登場人物の服が毎回違うもんで、今回も何を元に描いていいのやら相当悩んでしまいましたよ。('A`)。

 あと、ヒロインの一人であるアゼルが、今回のイラストで小さくなってしまったので、彼女だけ別画像を用意してみました。こちら。

 それと、椅子。
 ほとんど隠れて見えなくなっていますが、線画の状態ではここまで細かく描いていました。

 

 にしても、今回は星詠号の内装で時間かかってしまったなぁ。

 




オリジナル:ウサギ
2011.1.1


 今年は兎年ということで、兎を描いてみました。
 バニーガールを期待していた人、残念賞。

 




けいおん!:真鍋和&平沢唯
2010.11.14


 たとえとけいが逆に回っても
 あの日の二人はもう戻らない
 そんな気がしてる

 別々の道 すすんでみよう 行き先は教えてはあげないよ
 今より少し 強くなれたら 出会った理由もわかるはず

 こんなふうに あなたと過ごしてた
 大きな時間を ぜんぶゼロにしないように
 始まったばかりの 物語を歩き出さなきゃ
 もうひとりの 弱い私に 気づかれないうちに

 時々は立ち 止まって あなたのことを考えてる
 強がりも 欲張りも 受け止めてくれたあなたを

 石嶺聡子/バイバイ

 




けいおん!:平沢唯&中野梓
2010.10.10


 いつの間にか 時は流れ もう今日は卒業の日
 人はいつか旅立つもの だけど
 いつの日にか またどこかで 会える気がするからね
 輝く日々を忘れないで

 今始まる 希望の道 今日までありがとうね
 思い出の校舎と別れを告げ
 今新たな扉開き はるかな年月経て
 つぼみから花咲かせよう つぼみから花咲かせよう

 川嶋あい/旅立ちの日に・・・

 


● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
TOP
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●