オリジナル:La lune
2017.10.04


 お月見トップ1017ver.
 いつも、月のイラストは使い回しなんですが、今回はやや趣向を変えて描き下してみました。

 これほど月が輝いている夜に、流れ星は見えないですね。

 





シスター・プリンセス:春歌
2017.09.06


 最初のイメージでは、屋外のカフェだったんですが、春歌を斜め上から描いたら背景を合わせづらくなってしまって、結局屋内の絵に……。

 春歌+ディアンドルっていうのは、今まで描いていそうで描いていませんでしたね。

 それと、最初の遠景はこんなでした。

 

 どうしても、ドイツ北部の建築様式である木組みの家を描きたかったので、レイヤー分けまでやっておいて変更。
 (;´Д`)
 おかげで、凄まじく時間かかった。

 しかし、よく考えたらディアンドルはドイツ南部の民族衣装なので、ちぐはぐな絵ですね……。
 良く調べたら、南部にも同じ建築様式はあるみたいです。

 





シスター・プリンセス:鞠絵
2017.07.4


 相変わらず、背景と人物が馴染んでないなぁ、と。
 あと、犬がミカエルじゃないのはご愛嬌。

 





シスター・プリンセス:千影
2017.05.27


 もしも死者である私にも 許されるのであれば どうかその愛が欲しい
 KAMIJO / Romantique

 ----------

 何で真横から描いたかな、私……。

 今にして思うと、千影の物語は千影自身がすでに死んでいて、全ては彼女の霊魂による妄想っていう展開もいいんじゃないかと思い始めた。

 ----------

 今回の背景ボツ案。
 ↓

 

 pixivの星空の描き方を参考にしてみたんですが、いまいちこのイラストにはしっくりこなかったので。

 んで、実際に用意したのはこっち。

 

 台所のシンクに、水彩絵の具を流して撮影し、それを3種類用意。
 上の星空の描き方を参考に加工したら、いい感じに。

 星の部分は、今回初めてスパッタリングを試してみました。
 以前から、やってみたかった手法なので、今回試せて良かった。

 





オリジナル:仇桜
2017.05.03


うつせみの 世にも似たるか 花桜 咲くと見しまに かつ散りにけり (読人しらず)

 ----------

 去年、落書きで済ませたイラストに色を塗ってみた。
 それにしても……

 
 ボツ1

 
 ボツ2

 表情で悩みすぎだろ、自分!(笑)

 





シスター・プリンセス:白雪
2017.03.30


 背景と白雪のコントラストがイマイチだったかなぁと、描き終ってから気づいた。
 あと、白雪の飼っているウサギはロップ・イヤーじゃないんですが、そこは好みの問題ってことで。

 





シスター・プリンセス:花穂
2017.01.22


 待ち人は来ない
 それはわかっている――
 それでも待ってしまう、
 待ちたいと思ってしまう……
 それが待ち人
 だから待っているよ
 この痛みが懐かしくなるまで――
 *

 ----------

 手が描けなくて、3回くらい描き直したような……。
 しかし、よくよく考えると、マフラーとコートで完全防備しているのに、手だけ剥き出しってのも変ですよね(笑)。

 





武装神姫:アーンヴァル
2016.10.31


 さよならだね、アリス

 Flower/さよなら、アリス

 ----------

 バトロン5周忌。
 過ぎ去った時間は、もう戻らない。

 ----------
 11.26.加筆
 約1ヶ月経ってようやく完成。
 何で、スケルトンタイプの懐中時計にしようとした、自分。

 





NEW GAME!:望月紅葉
2016.10.16


 モモは、コミュ障なのに対抗心が強くて、なおかつ照れ屋でコロコロ表情が変わるから、見ていて面白い。
 イラストはもっと可愛く描いてあげたかったけど、何十回描き直しても歌舞伎役者のようになってしまって、結局時間切れ。吊り目は苦手。(;´Д`)

 それはそうと、キャラット10月号を読んでいて、

 

 同じことを思った人は、絶対いるはずだ!(笑)

 ところで、なるのTシャツに書かれている英文。
 あれは、シェイクスピアの「夏の夜の夢」です。

 





武装神姫:アーンヴァル
2016.9.7


 咲いてくれて ありがとう
 そして
 咲き続けてくれて ありがとう

 ----------

 武装神姫10周年。

 ----------

 2016.9.15加筆。
 画像クリックで大きいの。

 


● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
TOP
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●